補助金について

経済産業省「リスキリングを通じたキャリアアップ支援事業」の支援内容について解説いたします

補助対象の条件

企業・会社と契約して働いている方

  • 正社員
  • パート・アルバイト
  • 契約社員
  • 派遣社員

雇用契約がない働き方をしている方

  • 経営者
  • 取締役、役員
  • 業務委託
  • フリーランス など
※ 雇用主の変更を伴う転職を目指している方に限ります ※ 今すぐの転職でなくても、キャリアチェンジを目指していれば問題ありません

受講に関するご相談

条件・疑問などお気軽にご相談ください

無料相談 (外部サイト)

補助金受け取りまでの流れ

全てLINEヤフーテックアカデミーだけで完結。面倒な手続きはお任せください

キャッシュバックは2段階あります

補助金が得られる理由

経済産業省が行う「リスキリングを通じたキャリアアップ支援事業」の採択事業としてLINEヤフーテックアカデミーが選ばれました

経済産業省の「リスキリングを通じたキャリアアップ支援事業」(外部サイト)

参加条件

最大補助率は受講料金の70%

当初補助50%(対象コースの受講修了)

追加補助20%(就職&1年間継続)

※ 補助金は税抜価格に対する還元

受講申込および期限

2023年10月12日以降のお申込み

※ 対象コースのお申し込み時に「リスキリング補助制度」の項目で「利用する」にチェックをした方 ※2024年6月申し込み分まで。ただし、申込み状況によっては終了が早まる可能性がございます

補助対象の条件

参加条件

  • 受講開始時およびキャリア相談の開始時に企業等と雇用契約がある方
  • 必要な各種書類提出への協力
  • 当サービスが提供するキャリア相談/面談への参加
  • 当サービスが提供するキャリア支援サービスでの転職活動
  • 就職後のフォローアップに伴う個人情報を含む必要情報等の提出への協力
  • お申し込みから受講開始日までにアンケート・キャリア相談を対応

受給条件

  • 補助対象となるリスキリング講座をお申し込み
  • 受講したコースの修了。以下の条件を全て満たしている
  • 課題をすべて提出し合格
  • 受講中にキャリアカウンセリングを規定回数の実施
  • 本人名義でのお申し込み・受講料のお支払い

注意事項

  • 就職&1年間同企業で就業した際の20%キャッシュバックについて、他サービスで転職された方は対象外
  • 転職をご希望の場合、35歳未満を推奨させていただいております。また、転職を保証するものではございません
  • 弊社では当制度のご利用に関する個別のご意見やご要望をお受けすることができません

リスキリングを通じたキャリアアップ支援に関するFAQ

転職について

転職を必ずしないといけないですか

将来的に転職を目指すことが条件であり、転職の有無に限らず受講料金の50%は補助の対象となります。 ただし、登録時や初回面談時に転職を目指していない方は支援対象者の要件を満たしません。 ※ 補助金は税抜価格に対する還元です。

転職活動は行う必要がありますか

受講料金の50%についてはキャリア相談の実施が必須となりますが、転職活動の有無は条件ではございません。 受講料金の20%については、キャリア支援サービスの利用かつ転職が必須となります。 ※ 補助金は税抜価格に対する還元です。

転職の実績はありますか

はい、ITエンジニアとしての実績がございます。ご年齢が35歳以上の場合、転職成功率が下がる場合がございますので、ご理解ください。


お申し込み・対象について

学生も対象になりますか

学生でも対象となります。ただし、受講開始時および補助事業におけるキャリア相談の開始時に企業等と雇用契約(パート・アルバイト含む)があり、雇用主の変更を伴う転職(パート・アルバイト先の変更含む)を目指している必要があります。

現在無職の場合、補助対象になりますか

いいえ、対象外となります。

受講中に雇用契約がなくなった場合は対象外になりますか

受講開始時および補助事業におけるキャリア相談の開始時に企業等と雇用契約があれば問題ありません。

年齢制限はありますか

いいえ、特に年齢制限はございません。ただし、転職をご希望の場合、一般的な転職のしやすさの観点から35歳未満の方を推奨しております。35歳以上の方であってもご受講いただくことは可能ですが、この点どうかご理解くださいますようお願いいたします。

法人名義での申込・受講料振込は、対象になりますか

いいえ、個人名義に限ります。企業としてのお支払いや、請求書によるお支払いなどは対象外となります。

以前に、専門実践教育訓練給付金を受けていた場合も利用できますか

はい、問題なくご利用いただけます。 ただし、専門実践教育給付訓練金等の別の支援策を併用することはできませんので、ご注意ください。


修了・受給条件について

受講期間内にコース修了できないと補助金はもらえませんか

受講期間を延長し、コース修了の条件を満たせば、補助対象になります(受講期間は最大で12ヶ月まで)。 追加で支払った受講料について補助対象として認められるケースがございますので、詳細はお問い合わせください。